ピューレパール 効果なし

黒ずみや毛穴のブツブツに効果があるというピューレパールですが、「効果が感じられない!」という口コミもあります。
一方で「脇の黒ずみが薄くなった」という口コミもありますから、混乱してしまいますよね。
本当のところはどうなのでしょうか。

最低でも2ヶ月以上は使い続けないと効果は実感できない

まずピューレパールを使う時に忘れてはいけないことが、肌のターンオーバーです。
肌というのは若い人の正常なターンオーバーにおいては28日と言われていますので、今ある黒ずんでいるお肌が生まれ変わるためには最低でも28日が必要だということです。
ターンオーバーは年齢や肌の状態によっては28日以上かかりますので、ピューレパールを1個使っても効果がないという口コミの場合、使う期間が短すぎたということです。

 

長年放置していた分厚くなった黒ずんだ角質が、短期間で真っ白になるということはまずあり得ません。
肌のターンオーバーと共に黒ずんだ角質を排出していくのですから、最低でも2ヶ月ほど使わないことには効果もはっきりと現れてはきません。
返金保証期間も60日と長いのは、効果が出るまでには時間がかかるということが前提だからです。

 

またお肌のコンディションによっても効果の現れ方は変わって来ます。
野ざらしになっていてケアも全くしていないお肌では折角の有効成分も浸透しません。

 

特に水分不足で乾燥している肌では、ターンオーバーも乱れがちです。
効果が現れないからと短期間で諦めてしまっては、効果が現れ始めていることに気付けないまま黒ずみも改善しなくなってしまいます。

 

効果を実感するためには、少し使って判断するのではなくて、継続していくことが必要なのです。

ピューレパールで美白効果を実感するためのポイント3つ

1〜 3ヶ月くらいは継続してみよう

ピューレパールは肌のターンオーバーと共に黒ずんだ角質が排出されることで、時間をかけて黒ずみを改善していくクリームです。急激に真っ白になるのではなくて、黒く重なっている角質層が少しずつ剥がれ落ちていくイメージですので、黒ずみが薄くなっていくというのが正しい状況です。
つまり少なくとも2,3ヶ月は続けないことには、はっきりと「黒ずみが取れてきた!」とは感じられません。

 

黒ずみよりもまずは肌の状態が良くなるのを感じる人が多いですね。毛穴のボツボツなど自己処理で汚くなってしまったお肌は、乾燥や間違った処理の仕方が原因です。
傷ついている肌も、ピューレパールを使っているうちにキメが整って改善してきます。
肌の状態が良くなって、黒ずみが薄くなるためには継続して使わないといけませんので、3ヶ月以上の定期コースですと割引価格で続けられてオトクです。定期的に届けてくれますので、買い忘れる心配もありませんね。

 

ケアを習慣化する

効果を発揮するためには朝晩とこまめに塗り続けることが大切です。
もったいないからと夜だけ塗っていたり、忙しいからと塗り忘れる日が続いてしまってては肌の状態が改善しないまま効果も現れません。
ピューレパールを塗ることで、分厚く硬くなってしまった角質層が少しずつ潤って柔らかく良い状態になってきます。習慣的に毎日塗り続けることが、黒ずみを改善させるためには必要ですね。

 

冬でもケアを続ける

肌を露出素する季節には、特に肌の黒ずみが気になってしまいます。ですが冬場は乾燥もしますし衣類による摩擦も起こりやすいです。
冬は見えないからとお手入れをサボっていると、また肌へのダメージや乾燥から黒ずみが悪化してしまう原因になりかねません。
暑くなってから慌ててスキンケアをするこではなくて、肌が隠れている冬のうちからケアをしていくことが大切ですね。もっと早くにケアをしていたら良かった!と後悔しないためにも、冬こそピューレパールを塗り続けなくてはいけませんね。

埋没毛(埋もれ毛)の場合は脱毛エステでのケアを

ピューレパールの効果があるのは、摩擦などによる肌の黒ずみや毛穴のボツボツにです。
間違ったスキンケアを続けることで出来てしまう埋没毛は、皮膚の下に埋もれている毛が黒いボツボツとなって見えているからです。
この埋没毛はピューレパールを塗り続けていても効果はありません。

 

もし肌が黒くて汚い原因が埋没毛なのでしたら、ピューレパールでは効果は感じられません。自己処理を続けることも摩擦で肌がまた黒ずんでしまう原因にもなりますので、きれいなワキを目指すためには、無理にムダ毛を処理するよりも脱毛エステに通ってケアすることが一番ですね。

まとめ

今回は「ピューレパールが黒ずみ解消に効果なしという口コミの理由とは?」というテーマで書いてみました。

 

黒ずみケアに効果のあるピューレパールであっても、正しい使い方をしないと効果を実感できないのは当たり前です。

 

今回の記事でお伝えしたポイント3つに注意して、丁寧なケアをしてみましょう。