ピューレパール 制汗剤

口コミで話題の、脇の黒ずみ解消クリーム「ピューレパール」。
ピューレパールは、制汗剤の代わりになるという口コミを見かけたことはありませんか?
黒ずみ解消のためのクリームなのに、制汗剤として使えるって本当なの?と、気になりますよね。

 

実は、ピューレパールそのものには、汗を止める効果はありません。
しかし、注目したいのが、グリチルリチン酸二カリウムビサボロールの2つの成分が、ピューレパールには配合されているという点です。

グリチルリチン酸二カリウムとビサボロールの働きについて

では、それぞれの成分がどのような働きをしているのか、ご紹介しましょう。

 

グリチルリチン酸二カリウムは殺菌作用がある

まずは、グリチルリチン酸二カリウム。
漢方の原料としても知られる、甘草の根に含まれている成分です。
グリチルリチン酸二カリウムには、高い殺菌作用があるとされています。
このため、ニオイの原因となる雑菌の繁殖を防ぎ、ニオイを抑えてくれる効果があります。

 

また、抗炎症、抗アレルギー作用もあるので、皮膚の環境を改善してくれる効果も期待できます。

 

ビサボロールは消炎効果と静菌作用

次に、ビサボロール。カモミールの精油に含まれる成分です。
ビサボロールは、メラニンの生成を抑える効果や消炎効果を持つ成分として、昔から化粧品に多く使われてきた、植物由来の成分です。
また、静菌作用も持っているので、雑菌の繁殖を抑制するのに効果的です。
この2つの植物由来の成分で、殺菌、抗菌をし、ニオイのもとからブロックすることで、汗のニオイが気にならなくなるのです。
汗を止める効果はないけれど、汗のニオイを抑える効果がある、というのが、ピューレパールなのです。

一般的な制汗剤は黒ずみトラブルの原因となる

制汗剤は、消臭成分を肌にスプレーしたり塗布したりすることによって、肌表面に膜を作り、ニオイを抑えるものです。

 

しかし、この消臭成分が毛穴を塞いでしまうので、制汗剤を多用すると、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

また、消臭成分には金属成分が含まれることが多く、肌へのダメージも大きなものです。

 

制汗剤の多用は、肌の再生力を低くさせ、メラニンの生成によるシミや、メラニンを含んだ古い角質による黒ずみなど、肌トラブルの原因を引き起こしてしまうのです。

 

つまり、脇の黒ずみの原因のひとつに、制汗剤の多用が考えられるのです。

 

脇の汗のニオイを抑えようと使っていた制汗剤が、黒ずみの原因になってしまうなんて…!
汗のニオイも、脇の黒ずみも気になる。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

制汗剤をやめてピューレパールに切り替えよう

そこで提案したいのが、制汗剤をやめて、ピューレパールに切り替えてしまおう!ということです。

 

前述したように、ピューレパールには汗のニオイを防ぐ効果があります。
植物由来の成分で、汗のニオイを抑えてくれるので、肌ダメージも気にならず、安心ですね。

 

また、黒ずみ肌は、肌がダメージを受け、肌本来の再生力を失ってしまっている状態。この状態の肌に、潤いと保湿を与えて肌の再生力を向上させることが大切です。

 

ピューレパールには、次のような保湿。潤い成分が配合されています。

  1. プラセンタ
  2. トリプルヒアルロン酸
  3. ビタミンC誘導体
  4. ビタミンE
  5. グリチルリチン酸二カリウム
  6. 米ぬかエキス
  7. コラーゲン

これら7つの潤い成分で、肌のバリア機能を向上させ、乱れたターンオーバーをサポートしてくれます。
これらの成分は、保湿もしっかりと行い、乾燥から肌を守ってくれます。

 

また、プラセンタ、グリチルリチン酸二カリウム、米ぬかエキス、ビタミンC誘導体は、美白効果もある成分。
この4つの美白成分が、肌本来の働きを整え、メラニンを元から分解し、黒ずみの原因へダイレクトにアプローチしてくれるのです。
だから、黒ずみ解消と同時に、美肌ケアもできちゃいます。

 

肌に優しい、無添加・低刺激なので、ダメージが蓄積し荒れてしまった肌にも、負担をかけることなく使用できるのもうれしいポイントですね。

今回の記事は「黒ずみの原因となる制汗剤をやめてピューレパールに替えよう」という内容でした。

 

ピューレパールで

制汗剤の使用→肌ダメージ→黒ずみ悪化

というマイナスのスパイラルから抜け出しましょう