イビサクリーム ピューレパール

黒ずみ改善に効果が期待できるクリームは、色々販売されています。
どれを選んでよいか迷ってしまいそうですね。

 

その中でもデリケートゾーンの黒ずみ改善に効果がありそうなイビサクリームというクリームがありますが、ピューレパールとどちらが黒ずみに効果があるのでしょうか。

イビサクリームはトラネキサム酸配合だけど……

まずイビサクリームの特徴としては、トラネキサム酸を配合していてデリケートゾーンに使えるクリームです。

 

メラニンの生成を抑える成分と、保湿成分でターンオーバーと共に黒ずみを排出させていきます。

 

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は抗炎症作用があり美白に期待のできる医薬部外品に登録されている成分です。
トラネキサム酸はメラニンを作り出すプラスミンを抑える抗プラスミン作用がありますので、黒ずみを作らせないようにする効果が期待できます。

 

特に効果が期待できるのが内服薬なのですが、トラネキサム酸は飲むことによる副作用の心配もあります。

 

イビサクリームは塗るクリームですが、肌に塗る場合にはトラネキサム酸は皮膚科クリニックで行うイオン導入をしないことには肌の奥深い部分の黒ずみにはあまり効果がありません。

 

黒ずみも出来たばかりのものはまだ良いのですが、長年ほったらかしにしている黒ずみは肌の奥まで浸透しているため、トラネキサム酸を塗ったとしても効果があまり期待出来ないというデメリットがあります。

ピューレパールは保湿成分でターンオーバーを促進させる

ピューレパールの特徴としては、保湿に重点を置いた黒ずみ対策のできるクリームです。

 

美白成分として水溶性プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、米ぬかエキス、グリチルリチン酸2Kを配合しています。
この中のグリチルリチン酸2Kは抗炎症作用のある成分で、水に溶けやすい成分です。

 

美白成分が肌を直接美白するというよりは、黒ずみの気になる部分の摩擦による炎症を抑えたり、乾燥して硬くなった肌をピーリングして除去する効果により黒ずみをターンオーバーさせていきます。
抗アレルギー効果もグリチルリチン酸2Kにはあるため、敏感肌の人でも安心して使える成分です。

 

もちろん低刺激性なので、デリケートゾーンや乳首などにも安心して使えます。

ピューレパールとイビサクリームは返金保証の期間に違いがある

黒ずみが改善するためには最低でも2ヶ月くらい様子を見る必要があります。塗って2,3日程度で真っ白になるということはまずあり得ません。

 

健康な肌の人のターンオーバーが28日と言われていますが、黒ずんでいる肌ではそれよりも長くなっています。効果を感じられるまで時間がかかるので、じっくりと使ってみなくてはいけません。

 

使ってみてもし期待したほど効果がなかった場合には、どちらの商品も返品することが出来ます。

 

ピューレパール・イビサクリームともに初回購入に限って返金保証制度があります。
ただしいつ返品しても返金してくれるというわけではなくイビサクリームの場合には返金保証は28日間、ピューレパールは60日間と限られています。

 

この期間に効果を感じられたら継続してもいいですし、もし納得がいかないのなら返品すれば良いんです。

 

頑固な黒ずみに効果があるかどうか比べるためには、長い期間お試しできるピューレパールのほうが焦ることなくじっくり使って効果を確かめることもできますね。

幅広い部位に使えて、殺菌消臭効果もあるのはピューレパール

ピューレパールをおすすめするのには、他にも理由があるんです。
ピューレパールには美白・保湿成分以外に殺菌消臭成分が含まれています。

 

実は黒ずんで乾燥した肌というのは汗をかいた時などにニオイが気になることがあります。特にデリケートゾーンや脇などはニオイが気になる部位ですよね。
おりものが多いときに、デリケートゾーンのニオイが気になるという方は多いのではないでしょうか?

 

天然ビタミンEが汗の酸化を抑えてニオイを防ぎつつ、グリチルリチン酸2Kとビサボロールの植物成分が殺菌・抗菌することで汗から雑菌が繁殖することを防ぎます。

 

美白だけじゃないピューレパールは、イビサクリームよりも長く60日間もお試しできますので、頑固な黒ずみ・ニオイを何とかしたい人におすすめできるクリームなのです。

まとめ

今回は「イビサクリームとピューレパールはどちらが黒ずみに効くか?」というテーマでしたが、価格だけでなく成分や保証期間についても比較をしてみました。
一見すると同じような黒ずみ改善クリームでも、細かいところに違いがありましたね。
特に黒ずみだけではなくニオイも気になる場合は、殺菌消臭成分が入っているものを選んだほうが無難でしょう。