iライン 黒ずみ ピューレパール

これまでIラインというと、人には見せるところではない、口に出して言うべきところでもない性器の周辺のことなので、お手入れやケアがほかの部分に比べると遅れていました。しかし最近、Iラインケアの注目が高まっています。特に黒ずみに関するケアは一番関心度が高いですね。今回は、そんなIラインの黒ずみに効果のあるピューレパールについてご紹介します。

Iラインとは会陰部のこと

Iラインとは会陰のことで、膣から肛門の間をいいます。この周辺は粘膜が非常に近いところなので、生殖器の部分でも一番デリケートな部分であると言えます。Iは大きく二つに分かれており、内側に位置する小陰唇の粘膜の部分と、外側に位置する大陰唇で粘膜ではないところをさします。粘膜の部分は黒ずみはありませんから、黒ずみ対策ケアとは主に外側部分、大陰唇の黒ずみをケアしていくことになります。

Iラインの黒ずみが起きる原因って?

そもそもなぜ紫外線もあたりにくいIラインなのですがなぜ黒ずみが起こるのでしょうか。その理由は主に3つあります。

 

一つは、生殖器というデリケートは部分なので、気が付きにくい場所という理由です。自分でもなかなか鏡などを使用して直視することは難しいのではないでしょうか。そのため気が付いたら、Iラインが黒ずんでいたということが少なくありません。

 

二つ目の理由は、下着を着用しているので、下着がすれるということが原因として考えられます。下着にもいろいろな種類があります。デザイン性を重視したものから、スタイルを補整するような締め付け感の強いものまであります。締め付け感の強いものは、体の動きに伴いゴムの部分が体に食い込んだり、自然とずれて皮膚と下着がすれることもあります。股関節や骨盤が近く、動作をするたびに左右前後に動くので、下着によってすれるリスクが大きくなるのです。

 

三つ目の理由は、蒸れによる細菌増殖です。女性の身体は、生理の時もありますし、生理以外でもおりものが出ることもあります。体の中からの分泌液があるので、いつも蒸れた状態であることも少なくありません。またナプキンやおりものシートを使用したりするので、より蒸れることが多いのですね。

 

また下着によって蒸れが助長されることもあります。デザイン性の優れた下着は、化学繊維を使用しており、通気性が悪いこともあります。また補整力の強い下着も締め付けるために汗が出る、蒸れることが多くなります。

 

また性器部分は分泌物や排せつ物の影響で清潔を保ちにくい部分です。そのため雑菌が常にいるのですね。蒸れると湿度が高まるので、細菌繁殖には絶好のチャンスとなるのです。細菌繁殖すると、皮膚が傷ついたりバリア機能が崩れるために黒ずみが起きてしまうことがあるのです。

Iラインの黒ずみを治すには

毎日着用するものですから、まず下着の素材を見直していましょう。通気性や吸水性を考慮すると、下着には綿素材のものが適しています。下着の素材を変えるだけで、皮膚の状態は大きく変わります。

 

また衛生的に不潔にもなりやすいところなので、清潔を保ちましょう。膣には自浄作用があるので、石鹸を使用した洗浄を一日に何度も行う必要はありません。しかし毎日一度はきちんと清潔にする、また生理の時には、ナプキンをこまめに交換するなどして清潔を保つことが大切です。

 

またIラインの黒ずみを治すためのケア製品を使用するのもおすすめです。その中にピューレパールという商品がありますが、低刺激でIラインの黒ずみケアに使用できるのです。ピューレパールの特徴は、ビタミンCやプラセンタを含んでいるので、美白効果を発揮してくれるということ。またコラーゲンの保湿性、グリチルリチン酸2Kやビサボロールといった植物成分で殺菌や抗菌の効果もあります。また香料や着色料、シリコンなども使用していない無添加製品であるために、肌に優しく黒ずみ対策としておすすめです。

ただし粘膜である膣の中や肛門内には塗らないように注意しましょう

まとめ

今回は「ピューレパールはIラインの黒ずみに使えるのか:陰部でも大丈夫?」というテーマでした。
自分から見えにくくデリケートな部分だけに、あまり相談できない悩みですね。
注意点に気をつけつつ、丁寧なケアを心がけてみてください。

関連ページ

脇の黒ずみを治すにはピューレパールで-原因となるメラニンを抑える
黒ずみに悩んでいる方のほとんどが、脇の黒ずみを気にしています。他の部位と比較しても圧倒的に多いですね。そんな皆さんが悩む脇の黒ずみをピューレパールで治すときのケア方法についてご紹介します。ピューレパールは黒ずみ原因のメラニン色素生成を抑えるので、非常に効果が期待できますよ。
ピューレパールで恥ずかしいVラインの黒ずみを徹底的に治そう
ピューレパールが乳首の黒ずみに効果がある理由って?原因から根本的に治す